1_640





こしょうは料理に刺激のアクセントを加えてくれて、色々な料理に使えるのでほとんどの人が常備していると思います。特に黒こしょうの刺激は強めで、入れるだけで料理の風味を格段にアップしてくれます。今回ハウス食品さんから、「濃厚旨み辛製法で黒胡椒や、オニオンパウダー、ガーリックオイルの食欲をそそる香りとコクをひきだした濃厚なおいしさ」が手軽に楽しめるチューブ入りのペースト状の調味料、「ハウス 禁断の黒胡椒」が新発売されました。そのまま焼き上げたお肉にのせてつけていただいてもよし、料理に使ってもよしで、チューブから絞り出して料理に使うだけで、黒胡椒の香りや辛さのパンチのきいた料理を完成させることができます。じゃがいも、ソーセージを炒めてめんつゆで下味、そして禁断の黒胡椒を入れるだけで、黒胡椒の刺激がヤミツキになるジャーマンポテトが完成。少しじゃがいも、ソーセージに焼き色をつければさらに風味アップ。まさに禁断の味わい。食べ始めたらパクパク食べれてペロリです。お弁当のおかずやおつまみにもぴったり。




(2人分)

・じゃがいも    中3~4個
・ソーセージ    2~3本
・めんつゆ (2倍濃縮)    小さじ1~2
・ハウス 禁断の黒胡椒    小さじ2ほど
・炒め油 (サラダ油等)    大さじ1



1.じゃがいもは皮を剥いて、大きさに応じて12~18等分位に切る。ボウルに入れた水に切ったじゃがいもを入れ、軽く水にさらしたらしっかり水気をきる。ソーセージは5~7mm幅くらいの斜め切りにする。

2.フライパンに炒め油をひいて、じゃがいもを炒める。表面全体に香ばしい焼き色がついたらソーセージも入れる。ソーセージにも焼き色がついたら、めんつゆを入れてさっと炒め合わせる。

3.水気がなくなったら、ハウス 禁断の黒胡椒を入れてさっと炒めあわせて仕上げる。




※ハウス食品さんの禁断の黒胡椒の量はお好みで加減、調整して下さい。

※じゃがいもやソーセージの総量に応じても、禁断の黒胡椒の量やめんつゆの量は加減、調整して下さい。

※じゃがいもの切る大きさはお好みで調整して下さい。切った1つ1つの大きさがあまりに大きかったり、厚すぎると、フライパンで炒めた際に中まで火が通らずに表面に焼き色が付いてしまう場合があります。なので薄すぎず、厚すぎず位の厚さに切りそろえて下さい。それか初めに軽く電子レンジで加熱調理したり、軽く茹でたりの下茹でなどをしてから炒めて下さい。もしくは炒める火力をはじめは中火以下の弱めで炒め、ある程度火が通ったら強火にして表面に焼き色をつける、などじゃがいもの厚み、大きさに応じてお好みの方法で調理して下さい。

※ソーセージは食感がよくジューシー感がでる、皮つきで粗びきのものを推奨します。また細すぎたり小さすぎたりするものより、標準サイズ、太めのものの方がじゃがいもとのバランスがとりやすく、食べ応えもでるので、標準サイズ、太めのものを推奨いたします。

※めんつゆの量は濃縮加減やお好みに応じて、それぞれ加減、調整して下さい。






「ポチッ!」の
応援をよろしくお願いいたします。
↓↓↓
レシピブログ
レシピブログに参加中♪





2019年度のスパイス大使に就任、
ハウス食品さん×レシピブログさん
のコラボ企画、
「使い方いろいろ、黒胡椒&ねり梅ペーストレシピ」に、
特別モニターとして参加中です。




※この企画は、
「ハウス食品×レシピブログ」の
モニターコラボ広告企画です。
また、スパイスはモニターとして
プレセントされたものを
使用させていただいております。







料理写真一覧

1_640

2_640

3_640

4_640

5_640

6_640

7_640

8_640

9_640

10_640

11_640

12_640