1_640

3_640

2_640

4_640









秋以降の冬にかけて旬を迎える大根をたっぷり美味しくいただいちゃう!!秋頃に出回る新米といただけばさらに至福な味わい♪調味料の風味と共に豚の脂の旨みを含んだ香ばしく焦がしの焼き色を付けた大根の美味しさは格別★香ばしい焼き色をつけた豚肉の香ばしさもまたたまらない最高の美味しさ♪さらに!!!!にんにくの食欲をそそる香りと、さらに辣油のごま油の香りや唐辛子のほどよい辛さ、白ごまの香ばしい風味とプチプチ食感もまたアクセントになって箸が止まらずヤミツキな美味しさ☆で、ご飯も一緒にペロリと食べれちゃいます!!!!!にんにくと焼き焦がしの風味と辣油の辛さと香りがアクセントでご飯がモリモリ食べれちゃう美味しさ!!「中華風の焼き焦がし大根と豚肉の炒め煮」





(2人分)

・大根   7~8cm分ほど
・豚肩ロースブロック    5~6cm分ほど
・にんにく    2片分ほど

・酒    大さじ1
・しょうゆ    大さじ1
・ペーストタイプの中華だしの素    小さじ2~3
・塩    少々
・白ごま    適量
・ハウス 辣油    2~3プッシュほど
・サラダ油    大さじ1ほど




1.大根は皮つきのまま1cm角ほどに切り、電子レンジ対応の耐熱容器に入れてラップをして600Wの電子レンジで約4分ほど、透明感がでてきるまで加熱調理する。大根を加熱調理している間に、豚肉も1cm角ほどに切り、にんにくは粗めのみじん切りにする。


2.フライパンにサラダ油をひき、加熱調理した大根を入れ、表面に焼き色がつくまで焼く。豚肉も入れて豚肉の表面にもコンガリとした焼き色を付ける。豚肉からでた余分な脂をペパータオルなどで拭き取りにんにくも入れ、にんにくにも軽く焼き色が付くまで焼く。


3.焼きあがったら酒、しょうゆ、中華だしの素を入れて水気がなくなるまで炒めたら、白ごまを手で擦りながら振り入れ全体にからめたら、辣油も振り入れ混ぜて火をすぐに止めて仕上げる。








※ハウス食品さんの辣油の量はお好みで加減して下さい。お皿に盛って食べる際にも直前にも、追加でお好みでふりかけ、香りや辛さを調整して加減して下さい。


※焦がしすぎない程度に、表面に香ばしい焦がしのコンガリとした焼き色を大根、豚肉、にんにく、それぞれに付けて仕上げると、より風味良く美味しくいただきやすいです。特ににんにくは焦げやすいので焦がしすぎてしまわないように注意して下さい。

※ペーストタイプの中華だしの素は、お使いになられた商品にあわせて、お好みにあわせて分量は加減調整して下さい。あわせて他の調味料の量も適度に加減して下さい。

※豚肩ロースなど部位によって、豚肉からはかなりの脂がでます。調理の際にでた余分な脂は必ずペパータオルなどで拭き取っておいて下さい。脂の量が多すぎると逆に脂っぽくなりすぎて風味を損ねてしまう場合もあります。










5_640

7_640

6_640

8_640







2019年度のスパイス大使に就任、
ハウス食品さん×レシピブログさんのコラボ企画、「秋の旬の食材を美味しくいただくレシピ」に、特別モニターとして参加中です。



秋の旬の食材を美味しくいただくレシピ



※この企画は、
「ハウス食品×レシピブログ」のモニターコラボ広告企画です。また、スパイスはモニターとしてプレセントされたものを使用させていただいております。